スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜町神社 

浜町神社は浜町3丁目にある稲荷神社です。地元の再開発に伴い移築、新築され高層ビルの敷地内に鎮座しています。御祭神は稲荷大神 別名 倉稲魂神(うがのみたまのかみ) 実は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)とも同じ神様です。この神様が通称「お稲荷様」のことです。お狐様はお稲荷様のお使いですが、神様も姿を表す時「銀狐」に姿を変える事もあるそうですので気をつけましょう。(何に気を付けるの?)

右横にはちょっと珍しい陶器で作られた社が有ります。ここには埴安大神(はにやすのおおかみ)、加藤四朗左衛門景正命、加藤民吉命が祭られています。

浜町神社                          陶栄神社
浜町神社  浜町神社a 
スポンサーサイト
ここまで削除▼▼▼▼-->

笠間稲荷神社 

最近、神社に興味があり少し勉強し始めました。日本人なのに余りに日本に対する知識がなく、今更ながらではありますが恥ずかしく思った次第です。もう二十以上の神社にお参りしましたが何処から紹介しましょうか。
私は日本橋大伝馬町生まれ、浜町育ち。日本橋大伝馬町は神田神社の氏子です。会社から一番近い神社は笠間稲荷神社になります。神田神社は大きいのでマイノリティーの私としては近くの笠間稲荷神社を一番に紹介します。私もそうでしたが神社に行くと神様にお参りしてお願いとかする訳ですが神様って誰と言う疑問も持たずにただ拝むだけと言うのが一般的ですね。良く考えるとこれはこれでとても不思議です。
と言う訳で、笠間稲荷神社はどんな神様なのでしょう。

笠間稲荷神社の御祭神は「宇迦之御霊神」(うかのみたまのかみ)を祭っています。
詳しくはウィキペディア(下記参照)に助けてもらいます。
笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)は、茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷。

祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)である。五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が訪れる。また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れ、初詣参拝者数で茨城県1位を誇る。

日本三大稲荷の一つとされている。

東京都中央区日本橋浜町には、当時の笠間城主牧野家の下屋敷があり、その地には藩主が笠間稲荷神社より分霊を受けて建てられた笠間稲荷神社東京別社がある。

と言う訳で会社から一番近い神社「笠間稲荷神社東京別社」でした。
因みに笠間市の笠間神社には君が代でおなじみの「さざれ石」が有ります。2年ほど前に行きましたが初めて見ました。

「笠間稲荷神社東京別社」
笠間神社お稲荷さん

お狐様







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。