スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポート その2 

スタンプ
パスポートにまつわる話を思い出しました。まず、パスポートは我々がお金を払って取得していますがあくまでも日本政府のものだと言う事です。(個人所有ではない。)ちょっと納得できない所もありますが仕方がないのでしょうか?まぁ昔で言えば通行手形と言うところでお上に出して頂いたと言う感じかもしれません。海外で何かあれば大使館を頼りにするのでしょが、聞いた話だと一般ピープルには冷たいらしいです。もっとも官僚ですから目は上しか見てないですよね。(彼らからすれば我々は人間じゃねえ!?)海外に頻繁に行く人、海外に住んでいる人は極力大使館にコネが効くように気を付けた方が良いのでしょうが、私はコネなしです。
頻繁に出入国を繰り返す人の中にはパスポートの出入国スタンプを押すページが無くなってしまう場合があります。私も気を付けてページにえんぴつで枠を書いてその中に端から効率よく押してもらえるようにしてみました。本当は鉛筆であろうがページに線を書き込むのもいけないらしいのですが、文句は言われませんでした。日本のパスポートコントロールは結構きちんと枠に沿って出入国スタンプを押してくれます。さすが日本人の几帳面さが出てしまうのでしょう。それに比べるとイギリスは枠は絶対に無視。突然何ページも飛ばして真ん中にボコンと押す奴が多いんです。非常に人種差別的な匂いを感じます。(白人は結構嫌な奴が多い。勿論いい奴もいますけど。)

香港からシンセン(中国)は頻繁に出張している人たちがいますが香港の住民カードを持っていないと毎回出入国のスタンプを押される事になります。スタンプを押すスペースがなくなると増補と言ってページを増やしてもらいますが、香港で聞いた話ではパスポートに勝手に紙を張って自分で増補した猛者が居たそうです。日本のパスポートコントロールで怒られたと思いますがどうなったのか興味があります。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://babykikuto.blog113.fc2.com/tb.php/16-0469610f





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。