スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18金って何? 

k18.jpg
「18金」は良く聞く言葉ですが、いったいどう言う意味だか分かりますか?K18と表記しますがこの場合の「K」はKarats(カラット)のKで、金位(純金を24Karatsとして純金含有度を示す単位:kt.)を表します。主にアメリカでの表記です。因みにダイヤモンドのカラットはCaratでct.と表記されます。Caratは重さの単位で1Carat (1ct.)=0.2gです。さて話を金に戻すと、「18金」は24分の18が金ですよと言う意味です。1000分率では750/1000、75%の金を含んでいる合金となります。24金では柔らか過ぎるのでジュエリーでは18金が良く使われますが、中国では資産と言う意味合いが強く24金の商品も多いようです。歯に入れる金歯は22金、アメリカのジュエリーは14金、10金、イギリスでは9金などのジュエリーが一般的です。海外で買い物をされる場合、品位は必ず商品に刻印されているので確かめると良いでしょう。日本では造幣局が品位の検査をして刻印を押してくれます。イギリスでは試金鑑定所(Assay Office)で検査をしています。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://babykikuto.blog113.fc2.com/tb.php/18-362edadf





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。