スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18金の種類 

18金は75%の金を含んでいる合金だと言う事はお分かり頂けたと思いますが、さて後残りの25%は何でしょう?普通18金と言う場合は銀と銅を混ぜます。この混ぜる金属の事を「割金」と言います。
銀と銅の割合で6:4 5:5 4:6 と比率を変えると金の色も変わります。割金の銅を多くするとピンクゴールド、銀が多いとグリーンゴールド、さらにパラジウム混ぜるとホワイトゴールドになります。ホワイトゴールドはメーカーにより割金の割合が違う事がありますが、割金の比率は企業秘密の場合もあるので買う時に聞いても販売員も知らないと思います。いずれにしてもK18の刻印さえ確かめればほぼ75%の金が含まれている事になります。ただ、K18と刻印されただけでは保証された訳では無いので国により刻印制度が取り入れられています。
App0008.jpg
App0007.jpg
造幣局資料より
刻印制度は国により違います。
日本では造幣局が貴金属製品の品位証明を行っています。

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://babykikuto.blog113.fc2.com/tb.php/19-f8cb4bd7





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。