スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊受稲荷神社 

あっという間にお盆も終わってしまいました。今日から気持ちも新たに頑張りましょう。
8月15日は終戦記念日、日本の為に戦ってくれた英霊達に感謝です。

今日はお盆と言う事も有りますが、豊受稲荷神社の月次際に行ってきました。
豊受稲荷神社は伏見稲荷大社から伏見稲荷大社講務本庁柏市ゆたか扱所と指定され、神仏習合のユニークな神社です。小さな神社ですがすばらしい神社です。
御祭神は稲荷大明神主神 (宇迦之御魂大神(うかのみたま)、佐田彦大神(さたひこおおかみ)、大宮能売大神(アメノウズメ)の3柱と眷属の代表である田中大神、四大神の5柱の神が祭られています。

さて月次際ですが神道形式による祭式の後、不動護摩供があります。

今回非常に不思議だったのが、護摩法要の時に天井から紙垂(しで)と言う紙で織った飾りが垂れ下がっているのですが、護摩の炎が明らかに紙の飾りより上に上がっているのに煤で黒くなっているにも関わらず絶対に燃え移らないのです。やはり特別な力が有るとしか思えない。不思議です。
豊受稲荷神社豊受稲荷神社1
豊受稲荷神社3お稲荷さん



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://babykikuto.blog113.fc2.com/tb.php/91-f7290442





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。